- Sachi Empty -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■PS3 メルルのアトリエ プレイ日記⑤(4年目 4/3 ~ 4年目 2/28)

プレイ日記5回目。4年目終了直前まで。

メルルのアトリエ_001

ステルクイベント。

メルルのアトリエ_310

前回から続く騎士団結成に向けて燃えるステルクさん。
今回は実際に団員の勧誘を行っているようですが…

メルルのアトリエ_311

メルルのアトリエ_312

メルルのアトリエ_313

メルルのアトリエ_314

ライアス君はおろか、ジーノ君にすらフラれる始末。

メルルのアトリエ_315

可哀想だから入ってあげるよ!的なメルル(と、何故かその場に呼ばれているケイナ)ですが、さすがにそれは本末転倒だとご遠慮頂く自称騎士。
うーん、騎士団に入ってくれそうなキャラも思いつかないので、どういう風にオチがつくのか見えないイベントですね。





アトリエにルーフェス訪問。
何やら緊急の事案が発生したとの事ですが…

メルルのアトリエ_316

いやいやいやいやいやいやいやいやいや

オオゴトですよそれw

我らがメルル姫は「意外と良くね?」ってな反応してますけど(^^;

メルルのアトリエ_317

メルルのアトリエ_318

メルルのアトリエ_319

メルルのアトリエ_320

メルルのアトリエ_321

原因はアストリッドが設計した錬金術関連の施設とのことで、とりあえずアストリッドに駆け寄ると1週間程度あれば元に戻るとのこと。
メルルはちょい残念そうではありますが。


ちなみに井戸から汲み上げるとホントにミルクが取れるため、この期間中に何か特別なイベントがあると思い、色々試してみましたが何も起こらず……売れば水よりは金になるため、単純な資金稼ぎ?くらいなのかなぁ~と、ちょっと消化不良な感じです。




ルーフェス?イベント。

メルルのアトリエ_322

メルルのアトリエ_323

メルルのアトリエ_324

開拓が進んだ事により、住民同士の争いが頻発するようになったようです。
改めて開拓とは何かを学ぶメルル。
また一歩父親なんかより王族に近付いたんでしょうか。

メルルのアトリエ_325


メルルのアトリエ_326

問題を放置せずに解消していく……良い言葉だ。
是非ウチの会社の上司にも聞かせてやりたい(゜д゜)



メルルのアトリエ_327

ここで、アールズの規模が「お姫様の国家」級に昇格(4/20)

この国は既にデジエのものではないッ!(キリッ

ということですよね?





ケイナのスチルイベント。



なんか最近…いや、最初からかもしれませんが、ケイナがあんまり好きになれない自分は荒んでるのかも。
ケイナ自身というよりは、ケイナが絡むイベントがむず痒すぎて見ていられない感じ。
王道イベントは好きですか、この手のイベントは聞いてて痛々しくも感じてしまうんですよね。

まぁ私のピュア度ランクはおいといて、序盤で子供の頃流れ星にお願いした内容が明かされます。

予想通り過ぎて王道すぎてコメントもし辛い。。。






フィリーイベント
会うなりお礼を言われるメルル。
どうやら常日頃から良い仕事をしているメルルにずっと言いたかったらしいです。

メルルのアトリエ_328

当然ながら受付嬢にも仕事に対する評価があるようで、担当者のデキが悪いと受付のせいになるみたいです。
確かに担当志願者の力量を正しく測れずに仕事を請けさせては大変ですしね。

メルルのアトリエ_329

今はメルルのおかげでフィリーの評価も鰻上りのようです。
なぜかはわからないが、ムカついてしまう…


リアルな私の所にも、メルルみたいな有能な人が来てくれないかなぁ~










先日のルーフェスとのやり取りで改めて開拓の難しさを知ったからか、我らがメルル姫は大いに悩んでおられるようです。
そこで頼れるお姉さん・フアナに相談を持ちかけると、なんとかつてデジエが開拓に失敗したというヴェルス山の開拓案が。
序盤でもそれを臭わせる展開がありましたが、ここにきて判明しそうです。
多分メルルの出産とか母親の体調が急変とかそんな理由じゃないかなぁ。










と思ったんですけどね。

ああそう、噴火ですかそうですか。

火山ですから当然デスヨネー(←ふて腐れ)


現在は噴火の兆候がないので開拓を再開するには良い時期らしいですが……もうちょっと調べた方がいいんじゃないすか?(´・ω・`)








1週間経ったここで、井戸ミルクが井戸水に戻りました。
井戸ミルクの浄化完了報告にアストリッドが訪れるわけですが、天然というかメルル姫は相変わらずすっとぼけた発言を連発。

メルルのアトリエ_330

メルルのアトリエ_331

メルルのアトリエ_332

メルルのアトリエ_333

最後にこの貸しはいつか返してもらうというアストリッドですが…そもそも貸しじゃないとは突っ込めないのだろうか。




メルルのアトリエ_334

メルルのアトリエ_335

城に入るとケイナがメルルの服の匂いを嗅いでいます構造にちょっと興味を持ってます。
そこに現れるメルルに正直に打ち明けると…

メルルのアトリエ_336


当然こうなりますw


しかしアレですね。

ぶっちゃけ似合わない。



あと意外なことにメルルは結構胸があるようで、ケイナが着ると胸の部分が余るようです。
ただ、このコスプレで思ったのはやはりメルルのかぼちゃパンツは要らないんじゃなかろうか…




◆かわら版6月号(4年目)◆
メルルのアトリエ_337



さて、ここから先は4属性追加ダメージ+状態異常なんていう、トンデモナイ効果で前回気になっていた武器の調合に入ります。
結論から言うと、ゲーム内で2ヶ月強もの時間を使って納得のいく武器が出来ました。
リアルなプレイ日に直すと1週間くらいだったので、多分12~3時間くらいは費やしたんじゃないかと。

まず完成後の特性として目指すのは

七色の力 ※全属性ダメージ追加+状態異常
攻撃力ブースト ※攻撃力+17
スキルブースト ※スキル威力+30%
ライフギバー ※ダメージ吸収10%
特攻系

というのを目標に作りました。

メルルのアトリエ_338

メルルのアトリエ_339

メルルのアトリエ_340

前回のサンライト時の遺産があるので、そう苦労もなく作成でき、七色の力も確かに説明通りの威力を発揮してくれました。
ここまでで言えば1時間程度の時間なのですが、嬉しい誤算というか、調合時にブースト系の更に上がある事に偶然気付きました。
攻撃力で言えば攻撃力ブーストという、攻撃力+10×攻撃力+7=攻撃力+17な特性があるため、それよりランクの低い合成特性である攻撃強化攻撃力+7×攻撃力+5)は、敢えて付ける必要はあまり無いのですが………何とこの合成した特性同士すらも合成出来るようです。
実際にこの2つを組み合わせるとパワーヒッターという攻撃力+25の特性が出来上がりました。
実際の2つの合計である29よりは劣りますが、特性が1個で済むというのはかなり大きいです。
んで、攻撃特性がこんな形になるのであればもしかして他の特性も…?と思って検証してみたら、案の定スキルブーストライフギバー共に、下位の合成特性と組み合わせる事が可能で、それぞれマスタースキル生命力を奪うというスキルになり、最初に作った武器案は完全に棄却されます。

こうなると特性としては

七色の力 ※全属性ダメージ追加+状態異常
マスタースキル ※スキル威力+40%
生命力を奪う ※ダメージ吸収15%
パワーヒッター ※攻撃力+25
・???

となり、残り1個が本当に特攻系でいいのか?という疑問に駆られるようになりました。
ここまでで時間的には3時間。
ロロナ・トトリの経験からして、恐らくこの虹のかけらを使用した武器は各キャラの最強武器なので、全力で挑んでいいはずだと自分を納得させ、更に知らない有用な特性を探すことにしました。
ここから約3時間かけて探し出したのが、炎氷雷土4属性の追加ダメージをまとめた精霊の力
効果的には七色の力と重複しますが、ちゃんと別モノとして扱ってくれるようで、ダメージもかなりUPしました。

となると、特性は

七色の力 ※全属性ダメージ追加+状態異常
マスタースキル ※スキル威力+40%
生命力を奪う ※ダメージ吸収15%
パワーヒッター ※攻撃力+25
精霊の力 ※4属性ダメージ追加

で、決まりでこれを人数分作成。
劇的なパワーアップを果たしたメルル一行は、それから各地を回っておよそ2時間くらい経ったあと……





精霊の力の上があった(;´Д`)




という事実が発覚。
精霊の力を発見した事に浮かれて、合成特性の上があったという前述の流れを完全に忘れてました。
てなわけで前述の2時間をチャラ、ロードしてやり直しですorz


メルルのアトリエ_341

メルルのアトリエ_342

見つかったのは精霊神の力時空の精の力
精霊神の力精霊の力よりも強力な追加ダメージで、時空の精の力は4属性追加ダメージ+毒付与+全能力UPという恐るべき性能です。
どちらも精霊の力を基点とし、更に特性を付与することによって出来上がります。

という事で三度修正を入れた結果、最終的な特性は

七色の力 ※全属性ダメージ追加+状態異常
精霊神の力 ※強力な4属性ダメージ追加
時空の精の力 ※確率で4属性ダメ+毒+全能力UP
マスタースキル ※スキル威力+40%
生命力を奪う ※ダメージ吸収15%

の5つに決定。
精霊神の力時空の精の力より上は、現段階では見つかりませんでした。
必要コストもべらぼうに高いので多分もう無いと信じましょう…
パワーヒッターを外してしまいましたが、他の5つに比べるとどうしても見劣りしてしまうので。


さて、こうなるとあとは武器素材であるレーゲンティウムを完成させるだけなんですが…如何せん必要コストが合計220と凄まじい高さです。
前回も記事にしましたが、今作は装備品調合時に材料が2つ要るため、特性を2つのアイテムに振り分ければ単品では付加出来ない特性を付けることが可能です。
今回はコストレベルの問題から、

七色の力精霊神の力=90
マスタースキル時空の精の力生命力を奪う=130

に分けることになります。
精霊神の力時空の精の力は基点となる特性が同じため、別々の材料にしないと2つ作成出来ないから分けてます)

ただ、上記のようにわけたとしてもコストレベルが圧倒的に足りません。
そこで今回はちゃんと反省を活かして、コストレベルを強化する特性同士も組み合わせで更に強力になると予想し、これが見事的中。
コスト枠極大というコストレベル+50のものを作成しました。
しかし、これをもってしても130必要な2つ目の素材が作れませんので、更にここにコスト効率強化というコストが+30される特性を同時に付与し、合計で調合物に+80されるようにしました。これならイケそうです。
これを装備品の燃料となる小さな太陽に付けます。小さな太陽自体のランクもあって、これがあれば一気に100以上プラスされるため、今後の事を考えて是非パメラ屋さんに登録したい所ですが、そのまま登録すると7000コールオーバーになってしまったため、ちょっと実用に耐えかねません。
そこで前回学んだ安物特性スキルを、今回学んだ合成特性同士を掛け合わせる技をフル回転し、廃棄直前激安品在庫処分品×セール品)という特性を完成させました。
しかしこれでも価格は3000コール弱というまだまだ高い状態です。
妥協を許さないテンションだったので、

小さな太陽に付けた特性はコスト枠極大コスト効率強化廃棄直前激安品の3つ…
 まだだ……まだ終わらんよっ!」

ということであと2つ余った特性欄に更に安物特性を追加することに。
結果、

メルルのアトリエ_343

廃棄直前激安品 ※「在庫処分品」×「セール品
コスト枠極大 ※「コスト効率強化」×「コスト枠拡張
コスト効率強化 ※「コストレベル+3」×「コストレベル+2
在庫処分品 ※「安物Lv3」×「安物Lv2
セール品 ※「安物Lv2」×「安物Lv1

で、25コールの最安値で強力な素材の出来上がり。
何気なく書いてますが、この安物特性を1つの素材に全て詰め込むという作業にかなり膨大な時間を要しました。
元となる特性に同じものを使用しているため、小さな太陽を作る過程の素材の時点で、下位特性が上位特性に喰われないように上手く配分する必要があるのです。
かなり難航しましたが、その分達成感は大きいですね。


そんなわけで完成した小さな太陽を元にレーゲンティウムを2パターン作成。
早速ハゲルの所に行き、ミミ用の武器を調合してもらいました。

メルルのアトリエ_344

メルルのアトリエ_345

ちょっと見づらいかもしれませんが、元となる300超のダメージに加えて約1000ものの属性追加ダメージ、更にいくつかの状態異常を付加し、最後には50弱のHP吸収。もはや鬼です。
正直ここまで性能になるとは思ってなかったのでかなり嬉しいですね。
(欲を言えば追加ダメージ分も生命力を奪うが発動して欲しかった…)
まぁ2ヶ月強も時間を費やしてしまったので、それくらいはあって然るべきかもしれませんが…。
あとはこれより良い特性が出てきてしまった時の絶望感がハンパないので、出来ることなら出てきて欲しくないなぁ…

そして防具には未だに手を付けれていない現状。

いやいや、攻撃は最大の防御ですよ、ハッハッハ(゜д゜)y-~~~











久しぶりに採取から帰ってくるとミミイベント
どうやら前回のキノコ事件でメルルには自分の想いが全部バレてしまったので、開き直って協力と要請してきました。



トロンブ高原にて「あくまで自然に、さりげなく…」二人っきりになれるよう、メルルが画策。
なんつーかもはやデートの約束だなぁ。





さて、2ヶ月に渡る調合生活のおかげで錬金レベルも大分あがり、40を超えた時点で念願のトラベルゲートが作れるようになりました。

メルルのアトリエ_346

メルルのアトリエ_347

メルルのアトリエ_348

効果は前作同様、一瞬にしてアトリエに帰れるというある意味バランスブレイカーな一品です。
ただ前回の記事のイベントではトトリは「行ったことある場所に一瞬で行ける」というルーラ的な性能を誇っていたのですが、そこは師匠との差ってことなんでしょうかね。





先日の約束通り、トトリ・ミミと共にトロンブ高原にやってきましたが……



計画とは往々にして上手く進まないモノ。
まぁ楽しそうな顔してるからいいかと思うミミは大人ですね。




ステルクイベント。
騎士団イベントも一段落(?)したスケさん、今度はメルルの護衛に精を出すようになりました。

メルルのアトリエ_349

メルルのアトリエ_350

メルルのアトリエ_351

メルルのアトリエ_352

メルルのアトリエ_353

メルルのアトリエ_354

メルルのアトリエ_355

メルルのアトリエ_356

メルルのアトリエ_357

メルルのアトリエ_358

メルルの向かう場所に同行、何かと理由をつけて危険性を促します。
てか、厨二思考であるが故に、ハゲルすらも疑う所はこの際ヨシとしても、またの機会に訪れることはいいのかw




ロロナイベント。
ロロナから珍し……くもないお願い。
どうやらパイのお店を開きたいとのことです。



試作品を試食させると、あっさりルーフェスからのお許しが出たため、パイショップの建造が可能になりました。

しかし意外なことにルーフェスはパイ好きだったんですねぇ。
そーいえば酒場の依頼では手作りパイキノコのパイといった品が多かった気がする…
まぁ疲れた時には糖分が必要ですからね。





ステルク護衛イベント2
アトリエの中まで護衛をし始めたスケさん。
その張り詰めた空気にさすがのメルル姫もまいっちんぐ。

メルルのアトリエ_359

メルルのアトリエ_360

メルルのアトリエ_361

あまりにも息苦しいので、適当な理由を付けて外での護衛をお願いしたけれども…

メルルのアトリエ_362

メルルのアトリエ_363

メルルのアトリエ_364

今度は依頼に来たお客が逃げ出す有様。
さすがにこれはマズイと思ったのか、メルルは誰かに相談することに…。


しかし現実でこういう人がいたら扱いが難しいでしょうねー。





アストリッド訪問。

メルルのアトリエ_365

メルルのアトリエ_366

メルルのアトリエ_367

メルルのアトリエ_368

メルルのアトリエ_369

アストリッドから無限回廊と呼ばれる、どこかで聞いたことあるような採取地を教えてもらいます。
てか、本人が言うようにアストリッドが仲間になるとか10年に一度あるかないかなので、メルル姫には断らないで欲しかった…(;´Д`)






実はここにきて重大?なミスに気付きました。
なんと序盤以降、ペーターに話しかけておらず、イベントが全く進んでませんでしたorz
4年目にして初めて正式名を知るという有様。
これって後々のイベント大丈夫だろうか。

メルルのアトリエ_370

取り急ぎ、直近のイベントを進めてみましたが……多分、大丈夫じゃないな(;´Д`)




ペーターイベント続き。

メルルのアトリエ_371

メルルのアトリエ_372

メルルのアトリエ_373

メルルのアトリエ_374

メルルに穴掘りの道具と探知機の作成依頼。
なんか良くわかりませんが、前作で水着コンテストを開いてくれた彼の手腕?を信じることにしましょう。





◆かわら版9月号(4年目)◆
メルルのアトリエ_375



ステルク護衛イベント3



ルーフェスのフォローにより、ようやく現実を知ったスケさんはマジ凹み状態。
メルルが傷つけてしまったと不安になってますが……まぁ気にしなくても良い気はするなぁ。




突然、アーランドからのキャラバン隊がリザードの群れに襲われるという事件が発生。

メルルのアトリエ_376

メルルのアトリエ_377


人的被害は出てないようですが、積荷やらなんやらやられて事態は深刻そうなので早速討伐に向かうと、モディス旧跡に着いた途端、エスティさんが前作のステルクさんばりのドタキャン。



心優しい錬金術士たちは許してあげるわけですが……だから仕事を途中で投げ出すなと何度言えば(ry



そんな珍事があったのでロードしてやり直し。
改めてモディス旧跡にー、と思ったら今度はジーノイベント。

メルルのアトリエ_378

メルルのアトリエ_379

アールズに来てから結構成長したと思っている自分。しかしそれでも師匠であるステルクを超えられそうな感触は掴めない。
その為の技は考えてはいるものの、今の剣でそれを使うと剣の方が耐え切れないとどこかの竜の騎士ばりに贅沢な悩みを抱えているようですが…

メルルのアトリエ_380

トトリの時と同じ様に、相変わらず他力本願な依頼をしてくる冒険者。
自分で伝説の剣とか探しに行けよ…。

とりあえずジーノ用の武器を作ってあげなくてはイケなくなりました。
リザードイベント終わったら作ってやるか。




メルルのアトリエ_381

で、気を取り直してようやく本題のリザード。
モディス旧跡に到着すると、マスク・ド・Gも討伐へと来ていた模様。

メルルのアトリエ_382

メルルのアトリエ_383

とりあえず全滅させないとダメっぽいのでさくっと全滅させました(ぉぃ
が、数が多すぎて根本的な解決を図らないといけないということで、一度帰還することに。



帰還後、ルーフェスに相談。

メルルのアトリエ_384

メルルのアトリエ_385

メルルのアトリエ_386

メルルのアトリエ_387

ボスを倒せばおk、という単純明快な理由だが、まずは砦の守りを固めることが先決ということになったので調合開始です。







武器屋にいくとジーノ武器作成イベントのレシピをもらいます。

メルルのアトリエ_388

メルルのアトリエ_389

何を作るのかと思ったら、結局の所、少し前に作成したレーゲンティウムを持っていけばいいようなので後で持って行きましょう。



アストリッド訪問。
ひょんなことからアストリッドからの強制依頼に従わざるを得なくなったメルルですが…



なんとシナリオに関わってきそうな若返りの薬をメルルが調合することに。
まずはエリキシル剤を超えるものを作れということですが……そもそもエリキシル剤そのものをまだ調合してないorz
トトリに聞いても「せっかくだから自分でやれ」と千尋の谷に突き落とされましたので、とりあえずエリキシル剤を調合することに。

メルルのアトリエ_390

メルルのアトリエ_391

メルルのアトリエ_393

メルルのアトリエ_394

あっさりと閃きました(´Д`)
さすがは(未来の)天才錬金術士。

メルキシル剤……ちょっといいネーミングだと思ってしまった…orz


それはともかく、何故若返りの薬の実験台にエスティさんをチョイスしないのか疑問でならない…。





ペーターイベント。
メルルから作ってもらった道具を手に、いずこかへと向かった彼ですが、結果は惨敗。

メルルのアトリエ_395

メルルのアトリエ_396

疲れも取れて美容にも良い……温泉?
確かにスコップとか持って掘りに行ってたしなぁ。
今回は水着イベントじゃなくて温泉イベントってことすかね。

メルルのアトリエ_397

メルルのアトリエ_398

メルルのアトリエ_399

その話を聞きつけた最近お肌のハリが気になるエスティさん。
仕事をサボってたことをネタにペーターを脅し、発掘?作業は自分が引き継ぐといって、挙句の果てにしばらく仲間に出来なくなりました。
いやいや、アンタも仕事サボってんじゃん(;´Д`)
まぁ一応、国の発展のためという名目があるみたいなので、お咎めは無さそうですが…




ルーフェス×ステルクイベント。
メルルが執務室を訪れると、ケイナからルーフェスはステルクと一緒に出掛けたという情報が。
ハトやら何やらで常にモメてる二人を心配し、酒場に行くと…



大人達の大人(?)な会話でした。
最後で何かひっくり返るようなオチもなく綺麗に終わりました。
またハト談義でモメると思ったんですが…まぁ本人達が言うようにたまにはハメを外すのもいいでしょう。




リザード対策の納品物を届けにハルト砦へ来ると、いきなりジーノが吹っ飛ばされてきます。



弟子はいつまで経っても師には勝てないようです。
百歩譲ってジーノがステルクさんに勝つのはあるかも知れませんが、ジオ様が負けるのは想像出来ないなぁ…

メルルのアトリエ_402

メルルのアトリエ_403

ちなみに本来の目的である、リザード対策の納品を済ませると、今度は自分自身がリザード倒せるくらいに強くならにゃ!と誰かに師事することになりました。
何か、本末転倒というか、何故そういう展開になるのかわかりませんでしたけれども(^^;






ミミと出掛けると、先日のトトリらぶらぶ計画(?)が失敗してしまったことを謝罪します。

メルルのアトリエ_404

メルルのアトリエ_405

メルルのアトリエ_406

今度はプレゼント作戦に出るようです。
ケンカしてるわけではないので状況が違いますが、「ロロナ」のくーちゃんみたく、何かアクセサリーをプレゼントとかになりそう…







採取地に向かうと、いきなりマッパのフアナに遭遇。



フアナ自体にはそこまで魅力を感じてないのでいいんですが…メルルが入らなかったのが悔しくてならない(;´Д`)
押しが足らんぜよフアナ!!




アトリエに戻るとミミイベントの続き。
方針としてはプレゼントに決まったため、あとはトトリが何が欲しいかを聞くだけですが…

メルルのアトリエ_407

メルルのアトリエ_408


原初の土てオイwww

メルルのアトリエ_409

メルルのアトリエ_410

メルルのアトリエ_411

色々突っ込んでるウチにトトリに怪しまれてしまったので、大人しく(ミミということは伏せて)内容を明かすメルル。
一応、知り合いという形で相談に乗ってもらうと、前述の予想よろしく、ロロナ×クーデリアを引き合いに出されてプレゼントという形に落ち着きました。

メルルのアトリエ_412

メルルのアトリエ_413

その後、ミミに会うとアールズに伝わる幸運を願う石というものがあり、それを渡そうという流れに。
どっかに採取に行かないといけないなぁーと思っていたら、その材料は武器作成に使用した虹のかけら

メルルのアトリエ_414

メルルのアトリエ_415

材料自体は持っているのですぐさま渡す事に。
ちなみにお礼として竜にく竜のつの竜のウロコをもらいましたが、ミミさんはいつもこんなの持ち歩いてるんすかね?

虹のかけらを元に作ったペンダントをトトリに渡します。



初めてミミが本人に語るデレイベント。
つーかもはや告白だな…
きっとこのアクセサリは「ロロナ」の如く、トトリ専用アクセサリとして強力な効果を……と思ったんですが、そんなことはなかったorz



メルルのアトリエ_416

ここで、アールズの規模が「女王さまの巨大国家」級に昇格(11/6)

やはり、既にこの国はメルルのものだ……






メルルのアトリエ_417

リザード討伐のため、ステルクに師事を請うメルル。

メルルのアトリエ_418


短期間で強くなるために、ステルクは1対1で自分を負かせられるようになればOKだ、ということでステルクとの戦闘に入ります。

メルルのアトリエ_419

メルルのアトリエ_420

相変わらず防御が心許ないですが、レーゲンティウム製武器と新しく調合した新天地レーションで楽勝とはいかないまでもさくっと撃破。
これでメルルに自信がつけばと思うステルクさんですが…



意外な事にメルルが増長してしまいました。
マスク・ド・Gさんも心配しているほどなので、ちょっと道を誤るととんでもないエンディングとかに行ってしまいそう。

増長した我らがメルル姫は報告を兼ねてルーフェスの所へ。
ルーフェスの狙い通り、親玉が現れたので後は倒すだけ。
メルルにはさらに守りを固めて欲しいとお願いしてきますが、ステルクを倒して有頂天なメルルは自ら倒しに行く気マンマンです。
砦の防御を固めるもヨシ、自分で倒しに行くもヨシ、と選択を迫られる珍しいパターンな気がします。





てなわけで、通常ならば素直に依頼をこなす所ですが、私的なカンで、周りの心配を余所にリザード倒しに行った方がイベント進む気がして、リザードの親玉に勝負を挑みました。

メルルのアトリエ_421

メルルのアトリエ_422

調子こいてるメルル姫はひとりでやるからと、護衛すらつけない状態で戦闘に入ります。

メルルのアトリエ_423

メルルのアトリエ_424

なんとか倒すと増長に磨きがかかり、ちょっとヤバい感じになってきました(´・ω・`)
心配で見に来たマスク・ド・Gもさすがにマズいなぁ~って思ってる気がします。



アールズへ戻ると、リザードを倒したということでフアナ達住民がメルルを持ち上げまくりです。

メルルのアトリエ_425

メルルのアトリエ_426

メルルのアトリエ_427

益々調子に乗るメルルをまたもや影から見守る?マスク・ド・Gの姿が…




酒場に行くとフィリーとルーフェスが人手不足についての対処を行っています。
どうやら人口の増加に伴い、ルーフェスもかなり余裕がなさそうです。

メルルのアトリエ_428

メルルのアトリエ_429

メルルのアトリエ_430

そんな執事様のご多忙さを余所に、受付嬢はもうすぐ大台に乗るから頑張れーと言います。
何事かと思ってみてみると、もうすぐ人口が10万人を超えてしまいだと。

メルルのアトリエ_431

メルルのアトリエ_432

当初数百人しかいなかった王国の人口が4年足らずで10万人超えするなんて………まぁゲームだからデスヨネ(´・ω・`)





忘れない内にやっとかないと、と思うのがジーノの武器作成イベント。
早速レーゲンティウムを持ってハゲルの所で武器を作成

メルルのアトリエ_433

メルルのアトリエ_434

メルルのアトリエ_435

メルルのアトリエ_436

出来上がったシュツルムセイバーをジーノに渡すと、かなり気に入ったようでそのまま勢いでステルクへと挑みます。
どーでもいいけど、剣返せとは言わないから、剣作成代金くらいはくれないかなぁ…(´;ω;`)

メルルのアトリエ_437

メルルのアトリエ_438



ついに弟子は師を超え……るまではいきませんでしたが、並ぶ程の腕前にはなったようです。
しかしこのイベントスチルのステルクさん、果てしなくカッコ悪い…。

メルルのアトリエ_439

決闘の影響か、二人をしばらく仲間に出来なくなりました。
私闘でクライアント(メルル)に迷惑をかけるのは頂けんすな。





酒場に行くとエスティさんが帰還しています。

メルルのアトリエ_440

メルルのアトリエ_441

メルルのアトリエ_442

メルルのアトリエ_443

メルルのアトリエ_444

メルルのアトリエ_445

どうやら温泉を掘りに行ったらしいですが、まったく源泉に辿り着けず、ペーターに当たり散らしているようです。
資金がないためこれ以上の調査が出来ないらしいですが、ヴェルス山の辺りにあるのは間違いないそうなので、図らずともメルルが引き継ぐ形になりそうです。
てか、ホントに温泉なんすなー(´-`).。oO




アトリエに戻るとマスク・ド・Gからまさかの挑戦状。

メルルのアトリエ_446

メルルのアトリエ_447

…いやー、ついにメルルがボコボコにされる日が来たんですね・゚・(ノД`)・゚・
気が向いたらヤられに行きます。



決闘のため負傷していたジーノとステルクさんが帰ってきました。



どうやら二人とも反省はしているようで、せめてものお詫びにと従者券なるものをくれました。
この券が使われるときは……多分、ないんだろうなぁ(´Д`)



ルーフェスからの緊急連絡。



どうやら人口が大台の10万人を超え、アールズは大都市へと成長したようです。
ゲーム的に何か特典があるわけではなさそうですが、メメモ!を見ると、何やらエンディングのフラグが立ったかのような記述があります。
(恐らく緑色はあと一息でフラグが立つもの)

メルルのアトリエ_449

メルルのアトリエ_448

もしかして今作は複数のエンディングフラグを立てても、どのエンディングにいけるかは選択出来るのかもしれないすね。
前作までは優先順位があったので計画的なプレイが必要でしたが、もし選択式なら2周目以降が結構楽になりそうです。



メルキシル剤をアストリッドに持っていくと、若返りの薬に必要な素材を教えてくれます。

メルルのアトリエ_450

メルルのアトリエ_451

メルルのアトリエ_452

深淵の魂という素材を持ってくればレシピを教えてくれるらしいので取りに行きたい所ですが、場所がわからん…と思ってもう一度アストリッドを訪ねたら親切に教えてくれました。

メルルのアトリエ_453

東の果てということは、先日行けるようになった無限回廊にあるようです。



◆かわら版12月号(4年目)◆
メルルのアトリエ_454



謁見の間に行くと、ルーフェスとデジエがヴェルス山の開拓について不安を募らせています。



あと数年持てばいいという話ですが……多分何か一山あるんでしょうね。



今回、残りの期間は各地のボスを倒しに東奔西走です。
…いや、実際には東にしか走ってませんが。

メルルのアトリエ_455

メルルのアトリエ_456

どこかで見たことあるボス2匹を倒しつつ、無限回廊の奥にいるアクマを討伐。無事深淵の魂をゲットしました。

メルルのアトリエ_457

メルルのアトリエ_458

メルルのアトリエ_459

メルルのアトリエ_460

メルルのアトリエ_461

メルルのアトリエ_462

メルルのアトリエ_463

ちなみに無限回廊は前作のリヒタィンツェーレンのように、全素材がランダムで手に入るようでなかなか有効活用出来そうです。

メルルのアトリエ_464

リヒタィンツェーレンと違って距離的にも近いですしね。



早速深淵の魂をアストリッドへ持っていくと、さすがに認めざるを得ないようで若返りの薬のレシピをくれました。



メルルのアトリエ_465

あとは作るだけです。
失敗したらやり直しらしいので慎重に。

メルルのアトリエ_466

作ったものをエスティさんに飲ませたいと思うのは私だけではないと信じたい…。



最後はルーフェスから最近ヴェルス山近隣の動物達が減少しているとの報告が。



直後のフアナイベントと絡めて、もしかして山が噴火するんじゃないすかね。
ルーフェス・デジエの懸念事項もイベントとして起きてもいい気がしますし。
次回以降、ちょい楽しみです。




■余談
前回記事でコメントに頂いた情報ですが、トトリのコスチュームに加えてロロナのコスチュームをゲットしたので早速使ってみました。

メルルのアトリエ_467

メルルのアトリエ_468

メルルのアトリエ_469

メルルのアトリエ_470

メルルのアトリエ_471

メルルのアトリエ_472

トトリの時より合ってる………ような気がしなくもない。







スポンサーサイト

テーマ : メルルのアトリエ~アーランドの錬金術士3~
ジャンル : ゲーム

2011-08-16 : ゲーム : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
毎度思うけど、長いよ(^^;
プレイ日記って言うか、既に解説のレベルだw
これ見てると私も録画環境が欲しくなるな~
ベアボーン本気で考えようかな(´¬`)
2011-08-16 23:07 : 焔星緋帝 URL : 編集
No title
相変わらず、DLCのトトリ、ロロナは使ってない
せっかくロロナ友達にもらったんだけどな

ところで、そろそろエンディング分岐用にセーブデータ残しといたほうがいいかも
この段階だと、一番しょぼいエンディング以外はまだ全部行けると思う。
エンディングを選択できるなんてことはない。

無限回廊行ったら、最終書庫の2箇所で素材集めをしまくるとうはうは。特性、品質共に申し分なし。
2箇所採取⇒出る⇒2箇所採取・・・を延々繰り返すのがいい
10日くらい繰り返すと次の乙女が出現するけどね・・・

私の武器は
七色の力
精霊神の力
時空の精の力
マスタースキル(メルルは飛竜の力)
パワーヒッター

パワーヒッターより精霊の力か飛竜の力のほうがいいかもしれない
2011-08-17 20:34 : 7c URL : 編集
No title
>焔星緋帝
Σ( ̄□ ̄;

が、頑張って書いたのに…

長いとは思いますが、一応プレイ日記の範疇じゃないかなぁ~と思ったりするわけですが(´・ω・`)

録画環境が1つあると、何かあったとき便利…かも知れません。
私はiPhoneへの持ち出しとかにも使ってるので、無いと困る生活ですけれども。
SH67H3に録画環境を移行してからはうるさいデスクトップをイチイチ電源つけなくて良くなったのでエコにも貢献してます。多分。
エンコさせながら寝ても気になりません。


ちなみにもし私と同じキャプチャボードを買う場合は気を付けてくださいw



>7cさん
>相変わらず、DLCのトトリ、ロロナは使ってない
>せっかくロロナ友達にもらったんだけどな
まぁ一度見れば満足すると思いますので、せっかくだからやられてみては?(;´ー`)

>この段階だと、一番しょぼいエンディング以外はまだ全部行けると思う。
おぉ、マジですか。
そりゃモチベーションあがる情報ですね。

とゆーことは今回はお金持ちEND的なのは無いのかな。
前作の50万コールとか鬼でしたし…。

>エンディングを選択できるなんてことはない。
・゚・(ノД`)・゚・

>無限回廊行ったら、最終書庫の2箇所で素材集めをしまくるとうはうは。特性、品質共に申し分なし。
>2箇所採取⇒出る⇒2箇所採取・・・を延々繰り返すのがいい
最後の2箇所は品質はともかく、特性がいいですよね。
イベントをあらかた片付けたら行こうとは思ってました。

>10日くらい繰り返すと次の乙女が出現するけどね・・・
アイツは復活するのか…
でも復活してくれないと深淵の魂が取れないから良かった。


>七色の力
>精霊神の力
>時空の精の力
>マスタースキル(メルルは飛竜の力)
>パワーヒッター
おぉ、やはり精霊系は一応最上位の特性だったんですね…ヨカッタヨカッタ(;´Д`)

スキルのないメルルにはパワーヒッターかと思ってましたが…飛竜の力か。
そんな特性の素材持ってたかなぁ?(´-`).。oO
2011-08-17 23:56 : sachinashi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sachinashi

  • Author:sachinashi
  • Myデスクトップ


    ・メール
     sachinashi@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。