- Sachi Empty -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■Shuttleキューブ型ベアボーン SH67H3を買ってみた

メインPCがそろそろキツくなってきたのと、Sandy Bridgeも出たこの時期が買い替えにいいかもということで、タイトルのベアボーンを購入してみました。

SH67H3_01

ここ数年、PCで行う重たい作業と言えばエンコードくらいで、それも頻度的には少ない方。
それ以外ではメールチェック・インターネット程度なため、正直消費電力の高いデスクトップである必要はない状態です。
(あとはたまにPhotoShopやプログラミング)

ただエンコードも全くしないわけではない上、自分のライフスタイル上、どちらかと言えば必要な部類に属するため、エンコードを切り捨てるのはちょっと厳しいです。
ノートPCでエンコードはやはり無謀ですし、キャプチャ環境もかなり制限されるのでやはりデスクトップ自体は必要。

とゆーわけで辿り着いた結論は、エンコード用マシンと常用のノートPCとの2台構成。
これならばノートPC単体時と比べると劣りますが、現在の500W電源構成よりはエコな環境にも出来るかと思います。

---構成-----------------------------------------------------------------
ケース   :Shuttle SH67H3
CPU   :Core i5 2500K 3.3GHz
HDD   :WD20EARS-00MVWB0 2TB SATA
メモリ   :SanMax SMD-8G68NP-13H-D DDR3-1333 4GB×2 CL9 ELP
光学ドライブ:Pioneer BDR-206BK
------------------------------------------------------------------------



●外箱
SH67H3_02


●CPU
SH67H3_03

CPUはCore i5です。
思い切ってi7にしようかとも思いましたが、エンコードではそんなに差が出ないんじゃないかと判断して、8000円程度を浮かします。
あとはやるかどうかはわかりませんが、いまだかつてオーバークロックをしたことなかったので、いずれ来るかもしれない機会のために2500Kをチョイス。

●メモリ
SH67H3_04

メインPCがDDR2なので、DDR3の場合、どこが一番良いメーカーなのかさっぱりわからず。
とりあえずベアボーンを購入したarkで人気らしい?SanMax製にしました(笑)
2つ買って16GB。

●その他
HDD・BDは特に何も考えずに選択。
HDDはいずれSSDを導入してみたいなぁとは思ってます。

●組み立て後
SH67H3_05

現在のメインと比べるとこんな感じです。
縦は半分以下ですが、横幅が現行より大きいため、ちょっと置き場所に困ってます。


●Windows 7 キャッシュバックキャンペーン
http://www.microsoft.com/japan/athome/umall/win7/cb/

さて、組み上がったのであとは色々と動作確認を行いたい所ですが……ここであらぬ失態。
なんとOSを買ってなかった。
もちろん今のXPマシンを流用すればいいんでしょうけど、時代的に今はWindows7の方がいいと思ったでいつか買おうと思ってたんですが…完全に忘れてました。
Amazonですぐポチれば済む話なんですが、今回の買い物で既に8万弱を使っているため、ここにUltimateの+3万はキツイなぁと。
DSP版なら安く済みますが、32bit/64bit両方が欲しかったので一応狙いはパッケージ版になります。
(どうせ2つあっても使わないとは思うんですが、まぁなんとなく…)

ネットで安く買える所はないかと価格.comを探していたら、現在Windows7のキャッシュバックキャンペーンをやっているとの書き込みを発見。
SH67H3_06

しかもDSP版には対応していないという、まさに私のためのキャンペーンが(^^;
手続きはちょいめんどくさいですが、Professional・Ultimateならば1万円ものキャッシュバックが行われるので、パッケージ版Ultimateが実質21,000円で買えてしまいます。
Amazonも対称店舗に入っていたためすぐさまポチり。

SH67H3_07

先週土曜日注文、日曜日着で時間のロスも無く満足な買い物でした。



そんなわけで7をインストール。
16GBのメモリを活かすため64bit版にしました。
早速エクスペリエンスインデックスを実行。

SH67H3_08

SH67H3_09

さすがにCPU・メモリは問題なさげです。
やはりネックはグラフィックか。
別に3Dゲームをやるわけではないので弱くても気にしないんですが、エンコード専用機という位置付けなので、CUDA実行のためnVIDIA製のボードが欲しい所です。
ちなみに拡張スロット2基の内、1基は先日購入した上海問屋のHDMIキャプチャボードが入るため、必然的に1スロット式のやつになります。

SH67H3_10



続いてCPU-Zの結果。
SH67H3_11

SH67H3_12

SH67H3_13

SH67H3_14

SH67H3_15

SH67H3_16

GPUのコアクロックが高いですね…
でも高い割には3Dゲームがイマイチなあたり、よくわかんないですが単純な数値ではビデオカードと比較出来ないってことなのかな?


■ゆめりあベンチ
SH67H3_17

解像度1280x960、画質最高設定。
GPU無しで10000越えを褒めるべきか、SandyBridgeなのに10000程度と泣くべきか。

■FINAL FANTASY XIV BenchMark
SH67H3_18

LOWでこのスコアです…orz


3DMarkもやってみようと思ったのですが、上記2つを見る限り期待出来ないので割愛しました。
やはり3DゲームとなるといくらSandy Bridgeとは言え、まともに動かすのは厳しそうです。
貧弱でもいいので何かしらのビデオカードを積むべきなんでしょう。

現在の候補はELSAのGT240(GDDR5)。
1GBが理想ですが、512MBでもいいのでどっかに売ってないものか…



■エンコード
Aviutlを使用し、アマレコで録画した24分アニメをx264エンコード。
 現行マシン:3時間17分44秒
 新マシン :1時間42分03秒
もちろん設定による違いはありますが、とある1つの結果としてはこうなりました。
かなりの高速化が見られて満足です。
これならメルルのキャプチャも気軽に出来るかも。


最後にHWMonitorによる各温度。
SH67H3_19

ベンチマーク時の最大温度は56℃まで上がりました。
エンコード時のやつは測定してませんが、60℃程度で落ち着いて欲しいものです。


なお、通常メインとして使う予定のノートPCは現在HPのdv7-6000が有力候補なんですが、マザーが修正前だったり、OSがSSDじゃなくてHDDに入っていたり、何より納期が遅れまくりという理由で未だ購入に至ってません。
納期遅延を繰り返してる内に夏モデル発表とかが来るかもしれないので、もう1ヶ月は様子見の予定です。

即納されれば間違いなく買いなんですが(´・ω・`)


スポンサーサイト

テーマ : 自作パソコン
ジャンル : コンピュータ

2011-06-05 : PC : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sachinashi

  • Author:sachinashi
  • Myデスクトップ


    ・メール
     sachinashi@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。