- Sachi Empty -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■PS3 メルルのアトリエ プレイ日記③(2年目 4/23 ~ 3年目 4/5)

プレイ日記3回目。
今回は2年目終了まで。

メルルのアトリエ_001

最初はケイナイベントが発生。

メルルのアトリエ_100

メルルのアトリエ_101

城を飛び出す彼女に何事かと思ったら、どうやら最近パーティーに加えてない事が原因らしいΣ( ̄□ ̄;
確かにここ半年くらいパーティー入れてなかったなぁ…
ケイナは火力不足な上、柔いからどうしても外れちゃうんですよね。

とりあえずイベント後に一度パーティーに加えてみましたが、多分もう後の祭りなんでしょう。



ロロナイベント。



「トトリ」の時のキャラ解説で、既に頭髪については諦めたみたいな一文がありましたが、どうやらハゲルさんは未だに気にしてるようです。
当然と言えば当然かも知れませんけど。



再び登場マスク・ド・G。



バカにしてる割には正体見抜けないのかミミさん…




新しい店が出来たというので向かってみると…



なんとアストリッドが店を構えてるジャマイカ。
「ロロナ」を知ってる人からすると結構ビックリです。

メルルのアトリエ_102

序盤から賢者のハーブや竜のつの等、メルルの言った通り珍しい品ばかりなので確かに助かりはしそうですが。

しかし、相変わらずな傍若無人っぷり。
対価払ってるじゃん(^^;




忘れがちですが、幼児化してるロロナを元に戻すのはこのゲームの目的の1つであるので、トトリとメルルはロロナに錬金術を思い出してもらおうと色々と画策しています。



海辺の辺境の村育ちのトトリにはセンスが無いようです。
イラストが出てくれば良かったですけど、出なくても魚の目玉が怖そうなのは伝わってきました。

とりあえずヒマが出来たらちむドールを作ってみよう。。。



冒険中でのジーノとの会話。

メルルのアトリエ_103

色んな目的があってアールズへ来たのではないかというメルルに、戦うためだけに来たと答えるジーノ。
師匠(ステルク)を倒すのが目標なのは変わってない(?)ようで、完結編である今作で決着はつくんでしょうかね…

まぁそれよりも師匠同士(ステルク×ジオ)すら実現していないわけですが(^^;



ロロナが書いたという本を受け取るとそこには新たなレシピが。

メルルのアトリエ_104

メルルのアトリエ_105

メルルのアトリエ_106

参考書がなくて止まっていた開拓案件のレシピがこんな所で手に入ろうとは。
条件は良くわかりませんが、これって進め方によっては、攻略が遅くなったりする人もいるんじゃなかろうか。





続いて新規開拓案件の護衛という名目で、ようやくステルクさん登場。



なんか声がオッサン化してる気がする…
ステルクさんには今でも若くいて欲しかったんですが(笑)
あと、白系の服が恐ろしい程似合わないと感じるのは私だけでしょうか。

しかし飛竜の話が出てきたあたり、きっと終盤で倒す必要があるんだろうな…

あと結局ステルクさんはまだ仲間にならず、エスティさんが仲間に出来るようになりました。
四十路のおば…お姉さんがどれくらい強いのかちょっと半信半疑でしたが、スピード重視で意外と強いエスティさん。

メルルのアトリエ_107

行動後、50%の確率でQuickが上昇するというスキルで、それなりの確率で2回行動が出来て便利です。
火力はそこまで高くないですが、一応範囲攻撃ですし、2回斬り付けるモーションも私好み(2回攻撃というわけではないです)。
敵のドロップ率を上昇させる技もあってなかなか良いカンジ。
技名が四十路とは思えないネーミングなのは突っ込むトコロなのかな。





フィリー×エスティイベント



やはりエスティさんは年齢をかなり気にしてるっぽいですね…。

しかし例え40過ぎであろうと、俺は全然イケる。


エスティさんイベントが続きます。





どこいっても年齢ネタで持ちきり。
まぁしつこいですが例え40過ぎだろうと(ry
若けりゃいいってモンじゃ………いや、若いにこしたことはないですけどね(;´Д`)




◆かわら版6月号(2年目)◆
メルルのアトリエ_108




ミミイベント。
彼女なりにトトリとの旅で得たことをメルルに話してくれます。



予想通り最後ではツンしてしまうわけですが、それなりに大事な話でした。
トトリに面と向かって言う事はないでしょうけど。



エスティさんがフィリーの様子を見に来ます。
仕事を舐めくさってた前作での受付嬢っぷりをエスティさんも知っているらしく、心配になったようです。

メルルのアトリエ_109

メルルのアトリエ_110

割と普通に対応していましたが、ミミのような「気を張ってる」ような雰囲気の人は未だに苦手のようなので、ルーフェスとかステルクさんは多分ダメでしょう。



ライアス君イベント



兄がいつまで経ってもデレ期を見せてくれないため、最近はもう話すらしようとしない弟クン。
デキの良い兄を持つ劣等感というのは、現実の私もそうなので少しわかる気がします。




調合中に何やら地震が。
いつものメルルの調合失敗かと思いましたが、どうやらそうではなさそうで…



メルルのアトリエ_111

いやいや、森が動くとかどんなファンタジーすか。
しかも明らかに人間に害を及ぼしそうな見た目だしw
アールズ王国は今まで何やってたんだよ(゜д゜)

ルーフェスからの忠告をポジティブに解釈した我等がメルル姫。
いざエントの森に出陣!!

















メルルのアトリエ_112

メルルのアトリエ_113



ボコボコにされましたorz



グリフォニアン強すぎっすよ…
レヘルン大量持込で挑んだんですが、全体攻撃が痛すぎて使い切る前にご臨終。


今の能力では勝てないということで、今回は新しいアクセサリを作成することにしました。
ゲームもこの辺になってくると、前回よりは有用な特性が結構登場しています。

しかしこうなってくると、重要なのは調合品の「コストレベル」。
出来るだけ高コストの品で調合したいものですが、欲しい特性がその素材についているとも限らないのでなかなか難しい所です(逆にそこがアトリエシリーズの面白い所ですが)。
コストの概念は今までもありましたが、前回無かった特性として「コストレベル+1」といったコストレベルを底上げする特性があるので今回はこれが重要な気がしてきました。
コストレベル+1」と「コストレベル+2」はそれぞれ、+5・+10と、合計+15なのですが、これを掛け合わせて「コスト拡張」という特性にするとコストレベルが+20にもなります。
今回の調合で一番「よしっ!」と思った瞬間でしたw


この特性を、前回作成した「風の精の息吹」に対して強化を重ねること数回、

メルルのアトリエ_114

速度ブースト(20) ※「速度+10」×「速度+7
全能力強化(15) ※「全能力+4」×「全能力+2
聖なる加護(15)
コスト拡張(15) ※「コストレベル+1」×「コストレベル+2
高品質Lv2(5)

という、なかなか良いモノが出来上がった気がします。
惜しむらくは、「高品質Lv2」を「出来がいい」(高品質Lv1高品質Lv2)に出来なかった事でしょうか。
出来がいい」のコストレベルは10なので、合計75のレベルが必要な訳ですが調合時の段階ではコストレベル72が限界だったため断念。
コストレベルの高い布を使えば良かったんでしょうけど……そこを詰める頃にはこの内容もまた一段階上にレベルアップする事にもなるだろうと自分を納得させました。
ちなみに攻撃でも防御でも無く速度を優先させたのは個人的嗜好です。
格ゲーもRPGも基本的に速いヤツが好きなので。

今回出来上がった「風の精の息吹」と、ルーンストーンを作ったときの同素材を使用して、以下の「盗賊のバンダナ」を作成。

メルルのアトリエ_115

速度ブースト(20) ※「速度+10」+「速度+7
全能力強化(15) ※「全能力+4」+「全能力+2
聖なる加護(15)
魔獣特攻(6)
動物特攻(5)

メルルのアトリエ_116

装備品そのものの速度強化も手伝って、単体で速度が+39となかなかに強力です。
この吟味を行ったがために、およそ3時間という時間をかけてしまう結果になってしまいましたがorz

出来上がったものには概ね満足してますが、途中から「この特性を付けるためにこの素材を使わないとイケない!」と、段々視野が狭くなってきたのが危険でした。
特性「動物特攻」がルーンストーンと重複してますが、将来的にはどちらかを別のものに付け替える予定なのでヨシとしてます。
決して付けたかった「幽霊特攻」が手持ちになかったから妥協したとかではありません。ええ、ありませんとも。





……というわけで、新しいアクセサリを作って再戦を挑んだわけですがそれでもグリフォニアンに瞬殺orz
そんなもの紙切れ同然と言わんばかりの強さでした。
もうちょいレベル上げ+防具の吟味が必要です。

ちなみにエントの森はワールドマップ上でもホントに移動するため、時期によって距離が変わるようです。
早く旅人の靴トラベルゲートが欲しいなぁ。







突然ですが、主人公であるメルルは大のキノコ好きです。
アールズの名産品がキノコであることもあって、しばしばキノコネタが出てきます。
今にして思えば初めからキノコネタをちゃんと記事にしとくべきだったなぁと後悔してるわけですが。

そんなメルルに前にアールズ幻のキノコ「ロイヤルクラウン」が登場するも…



一瞬で失くなりましたw
さすがは先生の先生の先生。傍若無人っぷりも3倍増です。

メルルのアトリエ_130

しかも直後に店を覗くと1万コール超えで販売されているという罠。
(多分)1個しかない限定モノなので、早めに購入して中和剤の特性として付けておきたいですね。
しかし如何せん高い…。




◆かわら版9月号(2年目)◆
メルルのアトリエ_117


メルルのアトリエ_118

ここで、アールズの規模が「辺境の伯爵さまの街」級に昇格(9/20)

前回ようやく「村」が取れて街になったのですが、辺境からはまだ脱することが出来ないようです。
まぁ人口は2年目の目標である15000人まであと数百人なので、とりあえずは安泰でしょうか。

メルルのアトリエ_119

しかもワールドマップ移動時にLPを消費しないようになるという、地味に嬉しい特典。
LPって、無くなっても死にはしないんですが、ステータスが大幅に下がるので早めに回復しておきたい値なんですよね。
攻撃しただけでも減りますし。




数少ないと思われるハゲルイベント。
城の修繕をしているケイナと共に、城の大切さを感じていましたが、肝心の修繕作業でトラブっていたところに白羽の矢が立ちました。

メルルのアトリエ_120

メルルのアトリエ_121

メルルのアトリエ_122

女子2人ではどうにもならない事ですが、武器職人という腕を活かして颯爽と解決するハゲル様。
表現は微妙ですが、一応ケイナも褒めているようです。

メルルのアトリエ_123






ライアス君不幸イベント①



まぁネタ的にはよくあるやつなんですが、こういうときだけ引きが強いというのはリアルな自分に通ずるものがあって何やら切ないカンジです・゚・(ノД`)・゚・


ジオ様イベント。
王族として、国を発展させる者としてどうあるべきかを説いてくれます。
相変わらずカッコイイですな…



んで、カッコイイ後はマスク・ド・G。
弱き(猫)を助けるため、彼は今日も邁進します。

メルルのアトリエ_124




開拓案件のひとつ、風力を資源化するということで風車の元となる機材を作成したメルルですが…

メルルのアトリエ_125

初めて見る風車にちょっと感慨。
しかし、知らないものの部品をよく作れるモンだ…予想とは違うとかも言ってるし。
まぁゲームだから問題ないんでしょうけど、現実で仕様も理解せずに作ったらクレーム物ですね…。



◆かわら版12月号(2年目)◆
メルルのアトリエ_126



トトリ×ジオイベント。
事ある毎にメルルの行く末(?)を心配しているトトリですが、今度はジオ様に相談している模様です。

メルルのアトリエ_127

メルルのアトリエ_128

メルルのアトリエ_131

メルルのアトリエ_129

ジオ様の言う通り、何故トトリが気にしなくてはならないかよくわかりませんが、既にメルルは主人公として確固たる信念があるようで、基本ほのぼのなこのゲームでは悩む余地もなく解決しそうな気配すら見せています(^^;
多分この辺は3年目終了時とかに出てくるんじゃないかと思いますが。



ホム・ちむ達の会話。

メルルのアトリエ_132

どうやらちむが、労働力が足りないためどうしたらいいかとホムに相談している模様です。
後日、ホムの出した案は「ちむの数を増やせばいい」という、プレイヤーとしては量販店登録数が増えるのでは!?と期待出来る流れです。
というか早く増やして下さいm(_ _)m


ライアス君不幸イベント②



しつこいくらいのイベントで、メーカーの言いたい事はわかりました。

結局のところライアスは不幸だと。


トトリイベント2
ミミと共にツェツィを回想するイベント。



ツェツィに似てきたというミミですが……そうかなぁ?(;´Д`)
本人が言ってる通り、姉に比べてしっかりしてないし、似てるとは言い難いかも。

蛇足ですが爆発時のトトリのツッコミがちょっと面白かったです。
基本的にトトリはボケでメルルがツッコミ役なので新鮮。


トトリイベント3
売れっ子錬金術師は昼夜問わず大忙し。
疲れからお昼寝してしまうのも致し方ない事なんですが……



アストリッドの魔の手に。南無(-人-)
イベントCGを用意して欲しかったと思うのは私だけではないと思いたい。



忘れた頃に起きる、エスティさんの年齢ネタイベント。



戦友が一人、また一人と脱落していく様は、リアルに実感します(;´Д`)
意外とツライんですよ、アレw
エスティさんみたいに仕事に全てを捧げたってわけでもないので、余計感じるのかも…。
リアルな自分も頑張らないとイケません(ι´Д`)ノ


◆かわら版3月号(2年目)◆
メルルのアトリエ_133


ロロナ×アストリッド

メルルのアトリエ_137

相変わらずアストリッドはお姉さまと呼んでもらいたいようで、幼くなったロロナを篭絡しようとしますが、ロロナはそんな要求などお構いなしなゴーイングマイウェイ。

メルルのアトリエ_138

メルルのアトリエ_139

意外だったのは、アストリッドが自身のようなタイプに弱いことですね。
常識が通用しない相手はダメらしい。

常識…?


メルル×ロロナイベント。
ロロナの記憶を取り戻そうと、今日も今日とて錬金術に励む二人。



一見、微笑ましい光景のようですが、トトリが職務をメルルに丸投げしている感が拭えません。
メルルを未熟と思うなら、ロロナの一番弟子と思うなら、自分で率先してやるべきではないすかね、ヘルモルトさん。

メルルのアトリエ_134

つーか、腐ってもロロナ先生って……相変わらず酷いオナゴだ。



開拓事業も順調に進み、人口も増加してきていますが、人が増えたことによる弊害・懸念事項も比例して増えていきます。
それをルーフェスがメルルに説明している最中、まさに魔物の襲撃。



慌てて現場に駆けつけるとそこにはミミお嬢様が。
ルーフェスと同様、上に立つものとしての心構えを説いてくれます。
んでもって、ひとしきりマジメモードを通すと、途端にツンデレモードに。
遠回し(?)に要求を言ってくるあたり、以前より進歩している感じです(笑)



ここで2年目終了です。
3年目の目標も提示され、いよいよラスト1年になりました。

メルルのアトリエ_136

とは言っても、まだまだ行ってない箇所や作れてないモノが多すぎるので、トトリのように条件を満たせば期間は延長されるんでしょう。
気になるのはストーリーとして3年目以降をどういう展開にするのかですね。
トトリのときは明確な目標がありましたが、メルルの場合は漠然としたイメージしかない気がしますので。

発売から1ヶ月経ち、ネットにも色々と情報が飛び交っているでしょうが、せめてそこまでは予備知識無しでいきたいものです。


メルルのアトリエ_135

ちなみに2年目のラストで栄養剤を作ることが出来たため、次回からの探索が楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ : メルルのアトリエ~アーランドの錬金術士3~
ジャンル : ゲーム

2011-07-18 : ゲーム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
>いざエントの森に出陣!!
この後の文章が容易に想像出来た。
ぷにの化身とかを思い出してしまった。
ちなみに私はふるふるプディングと神秘のアンクを大量に持ち込んだ。
プリンは安物つけると200コール位でHP,MP,LPを結構回復できるのでお勧めです。
「プリンは常に持ち歩け!」

ところでこのゲームのヒロインはエスティさんだと思う。

ちなみにあっちゃんが売ってるぼったくり商品は全て買ってない。
2011-07-19 22:33 : 7C URL : 編集
No title
>ぷにの化身とかを思い出してしまった。
そういえばトトリ時のぷにの化身でも同じようなこと書いてますね、私(^^;
http://sachinashi.blog18.fc2.com/blog-entry-169.html
ボキャブラリーに乏しくて申し訳ない(;´Д`)

>プリンは安物つけると200コール位でHP,MP,LPを結構回復できるのでお勧めです。
おぉ、マジですか。情報thx
妙薬ドラッヘンを作ってはみたんですが、MP回復出来ないし、高いしで使い所が難しかったんで。

早速作ってみます………週末に家に帰れたら(つд`)。・゚・。


>「プリンは常に持ち歩け!」
Σ( ̄□ ̄;

そうか、フラムの時代はもう終わったんですね…


>ところでこのゲームのヒロインはエスティさんだと思う。

  同  志  よ  (゚∀゚)人(゚∀゚)



あっちゃんのぼったくり商品は、調合の効果を引き出すために賢者のハーブ・竜のつのはたまに使ってますね。

前作でのエリキシル剤用にと、賢者のハーブの1つはカゴの中に常備して品質を下げるとこまで抜かり無しですw
まぁ効能が前作と同じという前提ですが。
2011-07-20 12:46 : sachinashi URL : 編集
No title
言葉が足りなかった・・・
私が言ってるぼったくり商品は、ロイヤルクラウンクラスのクソ高い素材のことです。
グリーンリーフとか薫木の皮とかはギルドで転がして小金稼いでいました。
2011-07-21 21:48 : URL : 編集
No title
あ、そゆことですか(^^;
てことは裏を返せば、キノコに頼らなくても十分やっているけるってことですね。
まぁお金に余裕が出来たら買ってみよう…
2011-07-23 17:05 : sachinashi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sachinashi

  • Author:sachinashi
  • Myデスクトップ


    ・メール
     sachinashi@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。