- Sachi Empty -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■PS3 アイドルマスター2を買ってみた

今期アニメの中でお気に入りな部類に入るアイドルマスターですが、原作の2がついにPS3でも発売されました。
「発売日に売ってたら買おう」と思いつつ最寄のゲームショップへ向かうと、運良くラス1が置いてあったので購入……しようとしたら限定版しか残っていないという、いつかのリリカルなのはのような状況。

THE iDOLM@STER2_01

THE iDOLM@STER2_02

「どうせ買ってもやらないだろうな」と思いつつも結局は限定版を購入。
通常版が7700円、限定版は17400円と、実に2倍以上の差があり、意外と痛かったです…(;´Д`)


さて、アイドルマスターというゲームがそもそも何をするかわからない私が3時間程プレイした感想を綴ってみますので、私のようにアニメから興味を持った人の参考になれば幸いです。

THE iDOLM@STER2_03

THE iDOLM@STER2_04


■ゲームの目的
765プロダクションに所属するアイドルから3人を1ユニットとして選択、トップアイドルへと導くことです。

THE iDOLM@STER2_05

具体的にはIA大賞という賞を受賞するために、リアルでいうオリコンで上位に入るよう様々なプロデュースを行います。
大雑把に言うと、レッスンで地力をつけ、営業でお金を稼ぎ、TV出演で知名度・ファンを獲得…といった流れです。

THE iDOLM@STER2_06

ちなみにアニメでもお馴染み「竜宮小町」は既に律子がプロデューサーとなっているため、プレイヤーのプロデュース対象キャラにはならないようです。
伊織・亜美はどーでもいいですが、あずささんはやってみたかった…。

THE iDOLM@STER2_07


■プロデューサー(プレイヤー)が実際にやること
アイドルをプロデュースするわけですから、レッスンや営業、オーディションやライブなど、活動のスケジュール管理が主のようです。
1週間の始めに、その週はどんな活動をするのかを決めるという、どこかのと○メモ式。

THE iDOLM@STER2_08

THE iDOLM@STER2_09

どの活動もアイドルと共に行動し、レッスンからライブに至るまで全て、(ここはゲーム故か)プレイヤーのミニゲーム成績によって成長度・結果に違いが出てきます。
アイドル達にお任せにすることも出来るようですが、基礎パラメータの低い現在では自分でやった方がいいだろうと思い、CPU任せはまだやってません。


■ミニゲーム
各種レッスンはボーカル・ダンス・ビジュアルの3種類。
音ゲー等でよく見るゲームですが、それなりに面白いです。
ただ、1小節単位?でアイドル達がリアクションをするのですが、慣れてくると結構煩わしい(;´Д`)

THE iDOLM@STER2_10

THE iDOLM@STER2_12

THE iDOLM@STER2_11

その他、オーディション・ライブ・フェスといった実際の現場でのプロデュース。
基本はレッスンと同様、ボタン押しによるゲームですが、フェスのように「相手」が居る場合はいくつかあるシステム(技)をどのタイミングで使うかという駆け引きも重要になってきます。
やってみるとわかるんですが、これ結構面白いです。

THE iDOLM@STER2_13

基本はボタンのタイミング押しによるゲーム故か、ボタンのレスポンスは問題無し。
(そこがダメだったらクソゲーに成り下がるわけですが…)
ボタン押しタイミングバッチリな、いわゆる「PERFECT」も簡単に取れるんですが、このゲームの難しい所はPERFECTを連続して取り続けないとハイスコアが出ない所にあると思います。
コナミの音ゲーも同じくコンボを繋ぐ程ボーナスが付く原理ですが、アイドルマスターの場合は続けてPERFECTを取らないと高得点が望めない点が違います。
どういうことかと言うと、ビートマニア等でMissは当然としてもBADやBooにならない限り、つまりGOOD以上であれば途切れなかったコンボが、本作ではPERFECT以外ではコンボが途切れる仕様になっているようで、ここを気をつけないとフェスでなかなか勝てません。

1つ1つでPERFECTを取ることは難しくないため、如何に集中力を保てるかが勝負です。
FF7のゴールドソーサーにおけるフリースローゲームみたいな感じです(例えが古い…)


補足ですが、ユニット名とプロデューサー名はヴェスペリア命な所から取ってます。
ブレイブヴェスペリアというユニット名も考えたのですが、恐れ多いという理由で却下(^^;


■オンステージに向けて
アイドルですので歌わないとハナシになりません(ぇ
曲を決める時期になったら10数曲の候補の中から1曲を選択、しばらくはその曲のプロモをしていくことになります。

THE iDOLM@STER2_16

その後、しばらく経ったら新曲を発表し、今度はその曲をプッシュしていくと同時にユニットとしての知名度、ランキング順位をも同時に上げていく……というのが方針です。
その流れも上のミニゲームでいい結果が出せなければ当然効果が出ないようになっています。

THE iDOLM@STER2_14

THE iDOLM@STER2_15

ゲーム的に影響があるかはわかりませんが、アイドルらしく、オンステージ時には様々な衣装が選べます。
ライブの開催地に合った衣装を選べばファン獲得率も向上する……なんてのがあるのかなぁ。




オーディションやフェスで見事出演権を勝ち取ると、ご褒美的な感じに選んだ曲・衣装でアイドル達が歌い踊ってくれます。
恐らく今まで動画サイトで見たアイドルマスターの映像はこの部分なんでしょう。
(ここに来るまで何度も聞くことになるので、自然と曲を覚えてしまいます…恐るべし(´Д`))


しかしゲームをプレイするまで、アイドルマスターというゲームはこの振り付けを自分でコーディネイトして、如何に高得点を取るゲームかと思ってたのでちょっと違和感があります。まぁ私が勝手にそう思ってただけなんですが…。
ネットに上がっているのは上手いダンスを作り出した人達のものばかりだとつい……そういうモードもあると楽しそうなんですけどね。

■システム
上記ミニゲーム以外はアイドル達との会話イベントが主になります。

THE iDOLM@STER2_17

ギャルゲーよろしく選択肢が出てくるのですが、選択肢の意味が判りづらいと思うのは私だけでしょうか。
選択肢自体が頻繁に出てくるため結構気が抜けません。
なお選択肢は時限式です。

THE iDOLM@STER2_18


またセーブはオートセーブに対応…というか、オートセーブしか出来ないようになっており、やり直しを促すシステムではありません。
一応プレイ中であってもSTARTボタンでタイトルに戻れますが、ロードが多目&メッセージスキップが無いため、その週の序盤でもない限りなかなかやり直そうという気にはならないです。
ここはスタッフが敢えてそういう風に作ってるとも感じます。


アイドル達にも気分的なものがあり、いわゆる好感度が低いとテンションも上がらないようです。
ただ前日完璧な応対をしたと思っても、メンバーの内誰かがやる気ない状態みたいなのもあるので、よく条件がわかりません…


■操作性
上でも触れましたが、メッセージスキップが出来ないのが今の所、一番の不満です。
×ボタンで1つ1つのメッセージを飛ばすことは出来るのですが、(例えば)Rボタン等による一括飛ばしは出来ません。
ただ選択肢が出てくる所ではメッセージ飛ばしは無効になるので、そこはちゃんと気が利いてるなと感じます。


■総評
アイドルが売れるか売れないかは正直今の段階ではミニゲームの成績が全て!といった印象です。
先に進めばもっと政治的なものも出てくるかも知れませんが……多分ないかな(ぉ
初プレイだから新鮮さが先立ってるかもしれませんが、「簡単と思わせときつつ、実は結構難しい」という良い難易度な気がします。アニメで興味持った人にはやってみて欲しいですね。
私のように限定版を買う必要は全く無いですが(´Д`)


■その他
アニメから入った人達には嬉しい(?)ポイントですが、1期(ゼノグラシア)OPの「READY!!」が収録されています。
ゲーム起動前のXMB上での演出もREADY!!がBGMで使われており、個人的にツボですね。
初回プレイの最後の曲はREADY!!で締め括ろうと思っております。

あと声優陣がアニメと同じです。
XBOX版をプレイ済の人からすると、「アニメがゲームと同じ」なだけなんですけれども。
ですので、映像の違和感さえクリアすればすんなり入っていけると思われます。
よく見るとレッスン時の服装も同じだな…


最後に同梱のBlu-ray版アニメを見てみた所、地上波とあまり差がない気がしました。
私自身がクッキリ画質派だからかも知れませんが「さすがBlu-rayだZE!」とは言い難い…
OP「READY!!」のノンテロップバージョンは欲しかったので良かったですけれども。


あと、小鳥さんを攻略したいんですが、ファンディスクはマダデスカ?(゜д゜)

THE iDOLM@STER2_19


スポンサーサイト

テーマ : IDOLM@STER
ジャンル : ゲーム

2011-10-30 : ゲーム : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
乙です(^^)ノ

初回限定、予想以上に色々付いてますなぁwそら通常の2倍以上するわwww

>オートセーブしか出来ない
オプションで、変更出来ますよ(^^)
そうすると一日の終了時に『セーブしますか?』画面が出てきます。

>FF7のゴールドソーサーにおけるフリースローゲーム
なついwwwでもわかるwww
2011-11-01 10:20 : LUC(ルシ) URL : 編集
No title
>オプションで、変更出来ますよ(^^)
おぉマジだ…ありがとうございますm(_ _)m
でもやっぱり1日の途中ではセーブ出来ないんですね…

>なついwwwでもわかるwww
なぜかダブルアップ時だけミスる不思議…
2011-11-01 22:04 : sachinashi URL : 編集
No title
アナタもプロデューサー業開始ですか! ちょっと嬉しい(自分は箱の前作からちょこちょこやってる。
メッセージ関連は一作目やPSP版からあのままなので不便にも何も感じなかったけど、やっぱ2から入った人とかは不便に思うんですね……。
あと自分のオススメは響か千早を。
自分の趣味ってのもありますがそれ以上にハイスコア出すためにはこの2人のどっちか入れてないとかなり難しいです、響はDaが3.0で千早はVoが3.0とバーストアピール後のレートが跳ね上がるので。
最初のうちは好きな子でやるのが1番いいので参考程度に。 響(もしくは美希か貴音)リーダーにすれば……ひとつ増えますし。
2011-11-16 00:11 : スウェイン URL : 編集
No title
>スウェインさん
私もついにプロデューサーとしてデビューしました。
まだ初回プレイの43周目ですが、ランキング6位にまで登り詰めてあと一息な所です。
途中でお守りがすげー重要な事に気付きましたよ(´Д`)
でももう新曲出せないから1位は無理っぽい…

>あと自分のオススメは響か千早を。
Twitterでもそうなんですが、やたらと千早を勧めてくる人が多いですw
そんなにいいのかなぁ…
アニメ千早がとても好きじゃない(ぇ)のでメンバーにもクインテッドにも呼んだ事がない有様。
次回プレイでは入れてみることにします。

個人的にはあずささんが好きなんですが…小町メンバーはプロデュース出来ないので次回は美希が有力かな?
千早(or響)+美希+貴音あたりか。
真はあんま好きじゃないです...
2011-11-18 20:20 : sachinashi URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sachinashi

  • Author:sachinashi
  • Myデスクトップ


    ・メール
     sachinashi@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。