- Sachi Empty -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

■玄箱のファンを補修してみた………が

我が家で大活躍している玄箱HGでありますが、先月くらいから若干ファンの音がうるさくなってきたので、3年前くらい前に買ったものの、HGの登場によってお蔵入りしていたノーマル版も併せてファンの補修を行うことにしました。

通常のPCファンと違い、玄箱のファンはコネクタで抜き差しがOKな作りではなく、ケーブルが(厳密にはコネクタが、だが)基盤に直結されているのでファンの換装は意外と面倒です。
まぁ玄人志向で頼めば純正の交換キットがあって割りと簡単らしいんですが、玄箱のファンは1~2年程度ですぐダメになってしまうらしく、その度にそんな作業をしたくはないので偉大なる先人達の技術に倣い、後々の事を考えて簡単にファンを交換できるようにはんだごて授業の判定「3」の私が久しぶりに半田付け作業を行ってみました。


作業的には

①直結されている玄箱のファンをぶった切る
②ファン用の延長ケーブルのメス側をぶった切る
③①と②を半田付け
④②のオス側と新しく購入したファンを接続

という感じで、やはり肝は③ですね。
失敗は許されないので慎重に・・・とは言っても、眺めてて私の半田スキルが上がるわけでもないので、結構気楽な感じで臨みました。

まずは天神のビックカメラでファンを購入。
ファンは先人達のサイトを見回った結果、それに倣いRDL4010Sを購入。

ファン比較

左が玄箱についてたもの、右が購入してきたファンです。
延長ケーブルはなぜか4本も持ってたのでそれを使用しました。

そんな感じで途中経過は省略。
なんとか半田付けまでこぎつけました。

完成1


完成2

熱収縮チューブも、絶縁テープもビックカメラには置いていなかったのでビニテで代用。
ビニテでもいいんだけど、これってあとで剥がすときにすごいベタつくんですよね。。。
とりあえずこの状態で電源を入れてみて、通電することと、音の確認。
うーん、大分静かになりましたね^^

懸念していた半田付け作業も兄貴のヘルプを頂きながらスムーズではないものの、大惨事に至らず終了。
ホクホク顔でケースを組み立てようとした矢先!


やはり私はタダでは終わらない(-_-)


なんと、ファンが本体にはまりません


それは本来4cmであるファンに6cm用を買ってきたとかいう、「そりゃ流石にねーだろ」的なことではなく、最初の画像をもう一度見てみますと...

ファン比較2

4隅の穴の大きさが、購入してきたRDL4010Sの方が小さいではナイデスカ!!?
これにより、ファンが玄箱にハマりません。ナンテコッタorz
てゆーか私が買ったファンは、巷の人達が買ってるRDL4010Sとは違うということなんだろうか。
兎にも角にも、このままではどうしようもないのでまた今度ファンを買いに行かなくてはならなくなりました。
まぁコネクタを取り付けた甲斐あってか、もう一度半田付けをする必要が無いのは助かりましたけど。
(そもそもこの作業をしなければそんな作業すら発生しないじゃん、という噂もありますが)

微妙にやるせない出費と労力がテンションを下げる昨日でした。
いずれはビニテを絶縁テープとかに変える必要があるので、そのときが早まったと思えばいいかなぁ...


スポンサーサイト

テーマ : 自宅サーバー構築日記
ジャンル : コンピュータ

2008-08-20 : AV機器 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

sachinashi

  • Author:sachinashi
  • Myデスクトップ


    ・メール
     sachinashi@hotmail.com

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。